ハリーポッター続編新作映画 スピンオフ決定 テーマパークUSJ

Sponsored Link

ハリーポッターの幻想的な世界がもう見れないと悲しんでいる人にとっては最高に嬉しい、ハリポタ新作映画のお知らせです。

もちろん作者はJ・K・ローリングさん。

その気になるスピンオフ新作映画の内容はというと、

ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」(原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them)にインスパイアされたものとなり、本の架空の作者ニュート・スキャマンダーの冒険が描かれる

すでに表紙めいたものもあります。

 

エマワトソンやラドクリフが出演するかどうかはちょっと怪しいですが、でもあの世界の冒険がまた見れるなら何も言いません!とにかく早くみたいです。

出演が怪しい理由としては、J・K・ローリングがこれは続編ではないと言ってるからですね。

ローリングは、作品に隠されたさまざまな要素は「ハリー・ポッター」シリーズを小説や映画で楽しんできた人々にとって、馴染み深いものになるだろうとコメント。「わたしは常に、心から興奮できるようなアイデアがあれば、再びこの魔法世界を訪れると言ってきました。そして、この作品こそがそれなのです」とメッセージを寄せている。

「この作品はハリポタの前編でも続編でもないが、その魔法の世界の延長になる。ハリポタの話が始まる70年前のニューヨークから物語はスタートする」

70年前ですから、

スタートの時点では主要人物たちはそもそも生まれてないですね(笑)

ダンブルドアは生きてると思いますけど。

 

さらにこの映画とあわせて、新作のゲームも登場するみたいですよ。ゲームしない人は興味が無いかもしれませんが。。。ゲームだけに入っているショートストーリーなども最近ではあるので、ゲームプレイヤーにとっては2度楽しめるってことになりますね。日本だとそれがパチンコとかになることもありますが(笑)

 

後忘れてはならないのが、テーマパークですね。

これはテーマパーク内で、プチ映画みたいなものがあります。

もうすでにアメリカでは公開されているのでそちらの情報を探すのが正確な情報でしょうね。

日本では2014年の秋に大阪のユニバーサルスタジオジャパンUSJで公開されることになっています。

「ザ・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター / The Wizarding World of Harry Potter」というアトラクション。

ベラトリックス・レストレンジ役のヘレナ・ボナム=カーターがテーマパーク版の映画に出演していることはニュースになっていましたよ。

雰囲気はこんな感じのようです ↓ ↓

 

続編と言えば、非公式だとは思いますが、日本にも有志が作っている続編小説があるようです。

興味ある方は覗いてみてください。本当にコアなファンなんでしょうね。

>>> 「ハリー・ポッターと聖者の卵」「ハリー・ポッターと浄火の雲路」


Sponsored Link

ツイッターやってます。面白ネタを定期的につぶやいています。

Twitterボタン

コメントを残す

サブコンテンツ

テラスハウスメンバーのフォロワー数凄い 筧美和子30万突破 ランキング

このページの先頭へ